笑顔の女性とカプセル
多色な錠剤と瓶

避妊の為だけではなく、生理痛やPMSなどの治療のためにピルを飲んでいる人は少なくありません。
妊娠を望まない場合にはピルを飲み続ければいいのですが、そろそろ子供が欲しい、と思った時に不安になるのが、今まで避妊のための薬であるピルを飲んでいたということでしょう。
このまま妊娠できないのではないかと思ってしまう人もいますが、実際には妊娠しやすくなると言われています。
ピルの服用をやめれば1か月ほどで自分本来のホルモンバランスに体が戻って行くので排卵が起き、妊娠することが可能になると言われています。
また、生理不順などの改善でピルを服用していた場合も体内のホルモンバランスが整うので周期的な生理が訪れるようになって妊娠しやすくなると言われています。
現代の女性は昔に比べて初潮が早いことと子供を産む数が減ったことで生理の回数が増えており、排卵の回数は昔の約10倍にも及ぶと言われています。
そのため卵巣が疲れてしまい、現代の女性は妊娠しにくくなっているとも言われています。
ピルは服用することで体内のホルモンバランスを妊娠している時と同様にするので排卵がストップして卵巣を休ませることができます。
そのため、ピルの服用を中止すると妊娠しやすくなるとも言われており、実際にデータとして妊娠しにくくなると言われている30代後半の女性でもピルを服用して生理の周期を整えたり卵巣を休ませることで妊娠しやすくなると発表されています。
高齢になると卵巣や子宮が疲れていたり、子宮内膜症、卵巣がんなど不妊の原因となる病気にかかりやすくなってしまいますが、その予防効果も期待できます。
今は妊娠はしたくないけれど少し環境が整えば妊娠したいという女性にもピッタリのものになるのです。

サイト内検索
人気記事一覧