笑顔の女性とカプセル
  • ホーム
  • どの種類のピルがおすすめ?

どの種類のピルがおすすめ?

薬を飲む女性

女性が避妊用として服用するピルには、さまざまな種類があります。
大きくいえば、低用量、中用量、高用量といった種類があり、これらは錠剤に含まれているホルモン量がどの程度かということによって、低いものから高いものまであるという意味になります。
現在のところ、中用量ピルというのは避妊目的ではほとんど使われることがありませんが、ひどい生理痛を緩和するなどといった、月経周期を整える方面の目的で使用するのであれば、中用量ピルのような強力なものが向いている可能性があります。
ただし、ホルモン量が多いというのは、いっぽうで吐き気などの副作用をもたらしやすいということでもありますので、注意をしなければなりません。
また、一般的に普及している低用量ピルのなかでも、一相性と三相性といった違いもあります。
ピルに含まれているホルモンというのは、正確にいえば、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、ふたつのはたらきをするものを組み合わせているのですが、その配分に違いがあります。
一相性のほうは、すべての錠剤に同じような分量のホルモンが含まれているため、プラセボ錠でないかぎり、錠剤の取り違えがあったとしても、それが効果に及ぼす影響はないものです。
副作用などが気にならず、手軽に使いたいという人に向いています。
一相性ピルの代表的なものにはマーベロンなどがあります。
いっぽうの三相性については、服用開始からの経過日数ごとに、3段階で分量が違っていますので、どの錠剤を飲んでも同じというわけにはいかず、かならず日数に応じた錠剤を飲まなければならないという決まりがあります。
しかし、吐き気などのピルの副作用で悩んでいるという場合には、三相性のように、できるだけホルモン量を自然に調整しているピルのほうが、そうした副作用を避けるという意味で好都合であるといえます。
この三相性タイプのピルには「トリキュラー」という製品がありますが、国内ではポピュラーなもののため情報も多く、安心して服用できると思います。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ